読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベイマックスを見た

映画

大方タダシの話 ネタバレです。

 

・「あったかハートフルロボットストーリー」予告と見せかけて「陰謀により兄を亡くした弟によるロボット魔改造復讐劇」という筋をセット流すところまでのダブルミスリードだなこれはと読んでいて、結構終盤までタダシがラスボスだと信じて疑わなかったのでほんとに死んでる!!!?ほんっとに!!!???と後半そればかりが気がかりだった。ので、人体反応ありのところでキターーーと思った。違った。だってベイマックスが何度も「タダシはここにいます」って言うから・・・

・タダシの最初の登場シーンかっこ良すぎる。あれは絶対中学生の時ロボファイトしてた。そしてボコボコに負けていた。そしてそんなファイト帰りずたぼろのところを教授に拾われるんですよ。そして傷だらけのまま肩を掴まれる「君はそんなことをしていていいのか?」教授との交流により徐々に心を開くタダシ。しかしファイトへ通うことを止めたわけではなかった。絶えない生傷。両親は亡く、幼い弟は頼れない。必要にかられて作り上げていったケアロボット”ベイマックス”が彼の運命を変えてゆく…※この物語はフィクションです※教授の「わしの娘も昔ハマっていた云々」発言時瞬間的にやべえこいつら親子だ義兄弟だ兄だけ知ってるやつだ って思ったんだけど今冷静になれば確か娘って言ってたな 落ち着こう

・研究者という領域にいて嫉妬に狂わなかったなどということがあるだろうか、いや無い。やすやすと己を超える天才を憎んだことが無かったと言えるだろうか、いや無い。挙句それが年下で何なら血の繋がった弟で真横で垂れ流される才能をどんな気持ちで自分の領域に引き入れようとしたのかーー?そこに負の感情はひとつもなかったのか?失敗すればいいと、上手く手玉に取って使い倒してやろうと思いはしなかったの???仮面と黒服に身を隠し抑圧されてきた己の「正義」を振りかざせ

・水からあがって震えてる時にベイマックスがヒロだけをぴったり温めるのがすげーーーぐっときた。みんなを癒やすケアロボットが不平等にヒロだけを優先して癒やすのタダシの魂感じるやばい

・名前に意味は無いのがすごく少年漫画的だなあというか、ナルトを思い出した。ていうかなんなら名前いらないくらいだし、記号だよなあと。そんな中タダシ=正しいとヒロ=HEROのネーミングの際立ち!!!正しいだけじゃヒーローにはなれないんだなあ

・ていうかヒロが教授を問い詰めた時に言ってたタダシの死の理由(余計なことをしたから?)がよく分からなかったのだけど、やっぱり最初タダシもグルになってヒロの才能を利用しようとしていたということなんじゃ…?ごめん絶対違うけどもうこうであって欲しいという思いのせいで観終わって数時間なのに記憶が偏向している、もう一回見たい。字幕2Dどっかでやってないかな~

 ・エンドロールの絵が超かわいかったのでビジュアルブック買ったら兄もいるでしょうか

 

思いついたら書き足す。取り急ぎ