この夏を最高にしたマンガ

最近読んだ本が全部最高だったので、夏が最高になってしまった。そんな夏も終わってしまった。台風の去った後なのに台風のような土砂降りだった。しかし、今日は祝日。ベッドの横の窓から叩きつける轟音のなんと気持ち良いことか!というわけで部屋でゴロゴロして一日が終わった。そんな天気の中、amazonからアンジュルムのブルーレイが配達される。ありがとうございます。お疲れ様です。やったー!

 

以下感想。まずはこの夏一番のヒット『中学聖日記』。

中学聖日記 1 (フィールコミックス)

中学聖日記 1 (フィールコミックス)

 

コマの「間」の取り方がめ ちゃくちゃ好き。 例えば私が誰かに特別な気持ちを持って「好きです」と伝えたら、「好き」という言葉は1語で100万もの意味を持つことになる。しかし感情を言葉にして括った瞬間、それでも取りこぼされてしまうような繊細さがそこにはあって、それを描いているのがこの作品なのだ。

はーん!たまらない。

 というようなことを思っていたら、全く別作品で「『本当に好き』なんて 興奮してるだけかもしれないくせによく言えるよな って」という台詞があって。

お試しで付き合っていた友人と遊びでキスをする度にだんだん好きになってしまって、どうしようこの気持ちは…と思いながらなし崩し的に肌を重ねることに…という状況下でのこの自戒のようなモノローグ、痺れずにいられようか。暗転。いや、アー、最高。

化学部のメガネ (EDGE COMIX)

化学部のメガネ (EDGE COMIX)

 

 ところでその後読んだ『やがて君になる』も「好き」が分からない主人公の話だったんですけど、みんなやっぱり分からないんじゃん!ということがトレンドになってきて嬉しい。

やがて君になる (1) (電撃コミックスNEXT)
 

 話は戻って、同じ新井先生の作品で『渾名をくれ』。良い。良すぎる。

本編も良いし、何より最後に訥々と語られている「これは信仰の話だ」というあとがきの文が素晴らしかった。

onBLUEの帯はいつも激烈に下品なので(まぁ要素だけを伝えようとするとそうなってしまうのも分かる)、好きじゃなかったけど、この話を通して「超純粋ラブストーリー」と纏めるのはすごいと思った。読み終わってぐるぐるした気持ちを落とし所に導いてくれる良いコピーだ。そう考えると観念的な話にあらすじ付けるのって難しいよなあ。どうやっても無粋だ。多分に漏れずこの作品も。

渾名をくれ (onBLUEコミックス)

渾名をくれ (onBLUEコミックス)

 

 最後に『シュトヘル』。ふと思い立って読み返していたら、偶然にもその翌週に新刊が発売されることを知り勝手に運命を感じた。

いや~~~もしかしなくてももうすぐ最終回なんでしょうか。嘘だ~いやだ終わらないでくれ~、と思った急展開。終わらないでほしいけどもうすぐにでも新刊が読みたい。そういえば先日友人と話していて、ユルールとシュトヘルの関係を表すのに、何を言っても安っぽくなってしまって人に薦めることがとても難しいということを発見した。大河ラブ…いやラブというか愛、包括的な意味での、何、ロマン、何??

シュトヘル 13 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

シュトヘル 13 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

 

 

 

モーニング娘。'16・春ツアーへ

行きました。

モーニング娘。’16 『EMOTION IN MOTION』

推し不在のコンサートは散漫とした気持ちのまま迎えた。もちろん楽しみだった。当然かわいかった。けれどもサイリウムの色も定まらず、構えた双眼鏡では漫然とセンターを覗いていました。

そんな中、一曲目にかかったイントロはまさかのOne・Two・Three。鞘師ロスのおたく、既に死にそう。やめてくれよ~こんなの絶対ぜったい辛いじゃん…という思いは見事小田ちゃんのフェイクパートで覆されてしまう。小田ちゃんの勇ましい声はどことなく悲痛さがあって、否応なく来る次世代の始まりを叫んでいるように感じた。「鞘師さんは死んだ、もういない!だけど私の背中に、この胸に一つになって生き続ける!私を誰だと思っている!私はさくらだ、りほじゃない、私は私だ!’16の小田さくらだ!」

f:id:sazu6:20160625200409j:plain

も~小田ちゃんなんて呼べない。小田様。神様仏様小田様。なんて堂々としているんだろう。かっこよすぎる。

私の個人的な感覚になってしまうのだけれど、石田あゆみんが真ん中で1人で踊っていると、どうしてもいないもう一人のことを思い出してしまって辛かった。しかしこの小田ちゃんをセンターに据えた時のしっくり感ときたら何だ?あるべきところにあるべきものが収まった感じ。びっくりしすぎてしばらく考えていたのだけれど、その一つに「歌唱力でセンターに選ばれた」というのが誰が見ても明らか、というのがあるんじゃないだろうか。歌の抜きん出て上手い小田ちゃんがセンターにいることで、実力主義モーニング娘。’16というグループの文脈がスッと見えるように感じる。そういう背景?の上でこそ、キャラクターの濃い各メンバーがいろんな個性を出していっても、グループがまとまって見えるというか。どんなにとっちらかったパスを出しても、そこにに返ればリセットできるすごいセッター、しかもスパイクも打てる。小田ちゃんの手のひらから繰り出される七色魔球たち。肥沃な大地であり孤高の戦士である小田ちゃんの力にまざまざと魅入ってしまったのが、春ツアーの印象でした。

以下ハイライト。

一番良かったのは「踊れ!モーニングカレー」!まーちゃんのけしからん衣装ことスリットズボンが優勝です。スケルトン素材のアラビアンパンツ(?)の太ももの真ん中のところがざっくりと割れていて、踊る度に素肌がチラリズムして釘付けでした。正直この曲、脚を眺めていた記憶しかありません。One and onlyもそうだったことを思い出しました。まーちゃん、実はセクシー担当なのでしょうか。最高です。

ミスムンは言わずもがな、王子様衣装大っ好き。ハロステ映像を見て、まりあ王子のウィンクを浴びに行くぞ!と思っていたのに、いざ行ったら一番見てしまったのはえりぽん王子でした。その前の曲辺りで、生田がサラサラの髪を振り払いながらクールな無表情で踊っているのに気付いてしまって目が離せなくなってしまったのだ。ステージで客席に興味が無さそうだったり果ては嫌悪感すら見えるな表情を覗かせてしまう人めっちゃめちゃ好き。性癖です。

それと別の曲(何か忘れた…)のどぅー。脚を開き腰を落とフリに入るのを待ち構える横顔が、狩りをする前の獣のようでハッとするほど光って見えた。狼少女の役を工藤遥ちゃんにやってほしい。

あと印象に残ったことだと、メドレーの途中にあった手袋の甲についたミラーにピンスポットを反射させてレーザーのように飛ばす演出。実は去年V6の20thアニバコンで似たことをやっていた(光線をメンバーの指先からアリーナの反対側まで飛ばす)ので、アンジュルムコンサートにいった後ということも相俟って、ハロプロのジャニーズ化が著しい…!!!!と思いました。

 

アンジュルム 九位一体@名古屋

アンジュルムのホールコンサートに行ってきました!

右前にいたお姉さんが、ロングのワンピースをひらひらさせて振りコピをしているのが本当に楽しそうでうらやましかったので、次行くときは絶対覚えていこうと思った。早速机の前で新・日本のすすめの振り付けを真似ました。応援団のようなフリがかわいい&かっこいい!と(お姉さんの後ろ姿を見て)絶対覚えたいと印象に残っていたこの曲。これまで曲だけ聞いていた時はもったいぶったような感じがあんまり好きではなかったのに…


スマイレージ「新・日本のすすめ!」

むろたんに双眼鏡ロックオン決めていて自分でもびっくりした。むろたんの今の髪型で激しく身体を動かして汗で張り付く横髪を振り払う姿たまらないの極み。床に這う七転び八起きのパフォーマンスなんて、とんでもなくて、見てはいけないものを見てしまっているような気持ちになった。手垢でべたべたに汚したい欲情に誘う室田瑞希という生き物。ああ…。日替わり買ったよむろたん。

アンジュルムのツアーはどうだった?と聞かれれば、「むちゃくちゃかっこいい」の一言に尽きる。女子アイドルのライブに行ってきたんだー!という文字列とおよそ結びつかない量の「かっこいい」という気持ちで胸に充満した終演後の感情は何とも不思議であった。ビリビリと音を纏って走る稲妻は夜空を切り裂き地面に噛みつき素早く鋭く美しくてかっこいい。アンジュルムのツアーは天候で言うなら雷だ。

ごちゃごちゃとあーだこーだ考える暇は二時間の中に一切なく、怒涛のようにただ楽しい。終わった後もスカッと爽やかに、もう一度行きたい!と思った。

終演後は本屋へ行って、ピザを食べて、また本屋へ行って、やっっと巡り会えた『春の呪い』を購入。素晴らしい。最高。

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

 

 ミスリードの嵐、ギミックのオンパレード。何も知らずに読む一度目より、意味を知ってから読む二度目でますます面白みが増す作りになっていて、その罠はタイトルから張り巡らされているという隙の無さ。次巻が待ち遠しい。そして次作が待ち遠しい。

最近見た映画『ジュラシック・ワールド』の公式サイトがすごい

『ジュラシック・ワールド』コリン・トレヴォロウ*1/2015/米

最近見た映画、というタイトルで文を書こうと思って、さて情報を調べるために公式サイトを開いたらそれどころではなくなってしまいました。

これがまず「映画」ジュラシック・ワールドの公式サイト。

ジュラシック・ワールド

そしてこれが物語の舞台となる「テーマパーク」ジュラシック・ワールドの公式サイト!(プレビューが出ない!)

パーク内マップはもちろん、恐竜図鑑、宿の案内まで!

知らずに見せられたら実在するパークだと絶対思ってしまう。なんてワクワクするサイトの作り!映画を観た人はニヤッとできちゃう小ネタも盛りだくさん。すごいな~愛だなあ。

このサイトを見てワクワク出来た人は、映画館に観に行くと2時間ずっとそれを上回るザ・夏のエンターテイメント!を全身で体感できるから行った方がいいです。

 

昔観たジュラシックパークって、もっとサスペンスホラーめいたグロテスクな印象だった。自分が幼かったからということもあると思うけれども、それを差し引いても今回の映画は全く怖くない。ショッキングなシーンは皆無だし、死んでいく人間には相応の理由がしっかり説明されているので、むしろ殺戮シーンが爽快に感じる。ではどこで泣くのかというと、恐竜が死ぬシーン。全部泣ける。意味もなく殺される草食恐竜、死闘の果て死んでいく仲間のラプトル、生まれた理由も分からないまま死んでいく人口恐竜インドミナス・レックス。恐竜サイコー!Tレックス様サイコー!

クライマックスの戦闘とか、笑えるほど大味な展開でおいおいそんなのありかよと半分動揺しつつ、観ている最中は感情が完全に恐竜に乗っているものだからまんまと泣けてしまうのだ。さながら大怪獣映画というか、いや夏のポケモン映画というか。そうだよインドミナス・レックスは紛うことなきミュウツーでした。もう分かるでしょうそういうことだよ。

 

http://www.jurassicworld.jp/img/gallery/img04.jpg

出てくる人間が全員愚か(オーウェン除く)という点では今年公開された「トゥモロー・ランド」も同じだったけど、あの時感じた苛立ちが今回は全くなかったのはとても良かった。やり手の女経営者クレア、後半にはしっかり頼もしくなっていてカッコ良かった。ピンヒールで森を駆けまわるだなんて、よくある足手まといヒロインになっちゃいがちなキャラなのに、しっかりチャーミングですごいなあと思った。クレアとオーウェンが二人ともしっかり主人公だったから、最後のキスシーンも自然で、納得して受け入れられた。

http://www.jurassicworld.jp/img/gallery/img06.jpg

兄弟のキャストもいい。っていうか、個人的に兄のザック役のニック・ロビンソン君が好みの顔で、しかも女好きのヘタレだなんて美味しい役なものだからこれだけで観に来た価値あった…と上映30分くらい考えていました。*2

4DXで観たのも相まって、本当に「ジュラシックワールド」のアトラクションに乗っている感じがして楽しかったです。と、振り返ると良い感想しか出て来ない、隅々までホスピタリティに溢れた映画でした。なんか、正しくもてなされたな~!という気持ちになれる。ただ如何せんもっとこう、さあ怖がりに行くぞ!というテンションで向かってしまった為、アレッ?こういう話だっけ?という気持ちになってしまったことも確かだった。ので、そういうのを期待して行くのは良くないと思う。ラプトルちゃん萌え映画です。私はデスクにラプトルちゃんのミニ模型を置きたい。

*1:SWEP9監督

*2:意外となかなか恐竜暴れ出さないんだよね、この映画

100万人の為に歌われたラブソングなんかに思いを重ねたかった

flumpoolについて、考え続けていて、たったの1時間にも満たないアクトで頭がいっぱいでもうこれは恋ではないか?とも思うけれど、これが恋だとしたらあまりにも歪みすぎていてこんな筈ではなかったよね?という話が以下3000文字です。そして答えは出ない。

続きを読む

ジャニーズ好きな曲調編

好きなアイドルにはやはり歌が上手くあってほしい。いや上手くなくても良い、素敵な歌を備えていてほしい。ビジュアルも勿論大事だけど、触れる時間が一番長い音源が好きだということが自分にとってそのグループを好きになれるかどうかにおいて重要だ。

というわけで最近聞いてて好きだなと思う曲を並べてみた。

・Summer day/20th century  (V6『君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか』収録)

・レディ・スパイシー/Sexy Zone (Sexy Zone君にHITOMEBORE (通常盤)(CD Only)』収録)

・渚のお姉サマー/NEWS (NEWS『「NEWS」(通常盤)』収録)

・ESCORT/加藤シゲアキ (NEWS『White 【通常盤】』収録)

・Starlight kiss/嵐 (嵐『LOVE(通常盤)』収録)

・Dive into the future/嵐 (嵐『Dream a Live』収録)

・Misty/KinKi Kids (KinKi Kids39』収録)

・・・・・

・・・・自分で言うのも何だけど、めっちゃくちゃ分かりやすい偏り方をしていることが分かった。どうやら特に「好き系統」と改めて考えてゆくと、爽やかでスカした(?)曲が好きみたいだ。夏の曲多いな。

上記の中でも特にレディスパイシーとSummerdayはこれーっ!ありがとうございますー!と一発で顔がにやけてしまうくらい好みど真ん中の曲。蒸留した上澄みだけを掬ったキラメキの蒸留水…。良い意味で軽くてスカスカというか、優等生ですという顔をしている感じの曲調が落ち着いて聞いていられてとても良い。カップリングにサラッと堂島孝平さんの曲が入っているなんて!?

あと、加藤シゲアキさんのソロ曲ESCORT、意識せず全曲シャッフルで回ってきて何だこのプールサイドで聞きたいようなオシャレ爽やかな曲は…と思ったら当該曲(しかも自身で作詞作曲!)で大層びっくりしたので忘れられない。全く同じ思いをしたのが二宮和也さんのgimmic gameで、何となく曲の感じも似てるかも?

選には入れてないけど、ブラスサウンドが大好きなのでswing!/V6 や、シャレオツ/SMAP、LOVE PARADE/嵐のような雰囲気の曲は問答無用で好きだ。少し前はオモイダマ/関ジャニ∞のエモさに突然ドはまりして車で涙が止まらなくなった。最後の溜めからのダメ押し感はずるいよね。

KAGUYA、ぶつかっちゃうよ、バリバリBUDDY、ウィークエンダーなどのハイカロリー飛び道具ソングだって大好きだが、丁寧に何度も聞きたいというよりは、元気がある時にしか聞けない…という側面もあるからかもしれない。そう考えるとアルバム曲よりカップリングに好みが多そうなわけで未開の地がまだまだまだあって、この世はでっかい宝島~~!好きな曲並べるだけで分かること多くて楽しい。おすすめ。

 

今さら見たピカ☆☆ンチが満点アイドル映画だった

 V6のツアーが発表された日の夜、私はレンタルショップGEOにいた。メールによる報せに仰天、心は浮足立ち普段は手に取らないような陽気なコメディを借りた。もっともっとハッピーになりたくて、更にアイドル映画も借りようと滅多に足を踏み入れない邦画コーナーへと向かい『ピカ☆☆ンチ』を借りたのである。本作はV6の井ノ原快彦さんことイノッチが原案をしているということで1だけは観ていて、そのB級っぷりになかなか次のタイミングを逃していたのだが、メール事務局からのお知らせの力はDVD一本を持った妙齢の女がレジへと進む背中の後追しをするに有り余った。

V6さん20周年ツアー開催決定おめでとうございますありがとうございます!!

 ところで嵐主演の映画の話しますね。

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY [Blu-ray]

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY [Blu-ray]

 

結論から言うとエンドロールが神。 

物語は前作より3年後。彼らの住む八塩団地を八塩ヒルズとして再開発する建設事業を発端に勃発した、推進派と反対派の抗争に巻き込まれていく5人は…!?

という大筋はこんな感じ。ですが筋書きはマジで超×2B級なのであんまり結構かなりまあどうでもいいです。エンドロールが神。エンドロールが神なことにより転じて本編の再解釈をせざるを得ない。ズルい。それくらい素晴らしすぎるエンドロール映像だったのだ。

日常をやりこなすことに明け暮れ、若さという輝きが剥がれ落ちていって、いつもちょっぴりくたびれている「大人」、それがこの青春映画ピカ★★ンチの主人公だ。映画公開時2004年は、まだ嵐は今ほど揺るぎない地位を確立していなかったと思う。そんな中観る、アイドルではない彼らの姿。本編の中では、かつて「あんな大人にだけはならないでいような」と誓った彼らが、どうしようもなく「普通の大人」になってしまう抗えなさを描いている。5人の役どころは以下の通り。

二宮(=タクマ)…カリフォルニアでミュージシャン

大野(=ハル) …不倫関係だった人妻と半同棲

櫻井(=チュウ)…暴走族だったが結婚し一児の父。今は家電量販店の販売営業に就く。

相葉(=シュン)…大学受験に失敗し、編み物の達人に

松本(=ボン) …割烹料理店で見習修行中

…なんか並べてみると全然普通感がないな。けど、今やニュースキャスターをこなす櫻井くんが1番全うにサラリーマンしてるのはなかなか示唆的で面白い。木更津キャッツアイのバンビといい、学歴やキャラ作りをさておいても、そういう役を当てたくなる真面目な人柄が滲み出ているのかなあとも思ったり。などと勝手なメタ視点で観るのが楽しいです。

とことんカッコ良くなく、現実にたたき落とされた、まるで友人の気恥ずかしい所を見てしまったような気まずさと、それが故の親近感をたっぷり共有してしまえば、好感度が上がらないわけがない。ああ、こんな普通の男の子なんだ、この子たち私がいて支えてあげなくちゃだめなのかも、なんてちょっぴり手が届きそうな所に一旦対象を下げておいてから、の、はい。問題のエンドロールです。

刮目せよこれがスーパーアイドル嵐様だ。夢破れた映画の中の彼らが突然、あらゆる人が瞬きの瞬間にだけ掴む輝きをギュッと形に凝縮したような、輝きと自信に満ち溢れたオーラを放ち、これぞジャニーズ!というパフォーマンスを見せる。タクマが二宮なのか、二宮がタクマなのか、そんなことは分かりきっているのに、数秒前とのギャップの大きさにとても胸がバクバクしてしまう。この頃はみんな若さ故にビジュアルにちょっとトンガリがあり、反面それが危うさにも見える儚さを兼ね備えていて…つまりめっちゃかっこいいのだ。(2004年のコンサートDVD「いざッ、Now」をamazonのカゴに入れながら)

Summer Concert 2004 「いざッ、Now」 [DVD]

Summer Concert 2004 「いざッ、Now」 [DVD]

 

 過去挿話の吹き出し演出がアホそうすぎて(しかもこれが何回も出てくるのだからたまらない)これ私が嵐ファンだとしても劇場に観に行ったら苦笑いしかできない…と当時のファンの心情になっては複雑な気持ちになっていたりした、けど、最後の最後「嵐」の5人が屋上のビルで歌い踊る姿で全部払拭されてしまった。青空の下、まだ大人でもないでももう子供じゃないそんな彼らが踊る踊る。

それだけでも十分素晴らしいのに、このエンドロールにはさらにもう一つの仕掛けがある。嵐のPVに挟まれる形で、実際のロケ地である八潮に住む人達が映すされていく中、現地の男の子たち5人組が明らかに嵐の5人組を意識した形で写されるのだ。それも何度も。もう私はここでとっても泣けてしまった。同じように生きていて、同じような背格好で、同じような世代で、でも他方は圧倒的に普通で、他方は圧倒的に特別である。何が違ったんだろう。どちらが良くてどちらが悪いというわけではない。でももしかして、たった一つの選択肢を違えれば「嵐」の5人がこんな風に全力で踊り狂う姿はなく、それぞれがバラバラに、エンドロールの中のこの少年たちのように、恥ずかしげな笑みを浮かべる、少しばかりかっこいい男の子たち、だったのかも。それって、それって今真剣な眼差しで画面に現れ続けてくれる彼らってものすごく尊いんじゃない…?なんて感傷に浸っているとまたバリバリアイドルPVの姿に画面が切り替わってもうどうしようもなくエモーショナルでセンチメンタルでつまりただのファンである。この気持ちにさせたらアイドル映画としては花丸120点でしょう。ありがとうございました。エンディングの晴れやかな青空のように、すっかり爽やかな視聴感を得て、つらい…と思っていた中だるみも忘れて、もう一度見たいとすら思ってしまった。銀幕でこのエンドロールに胸を撃ち抜かれたかったなあ。

そうだ、エンドロールの中で「あなたにとってピカ★ンチとは?」という質問に嵐のメンバーがそれぞれ答えるメッセージが流れるのですが、結構みんな良いこと言ってる中、二宮和也さんの「映画」という回答も捻くれすぎてて最高でした。二宮様…